産婦人科の求人と現状将来のために

産婦人科の求人と現状将来のために

産婦人科は少子化の進む現在、新たな子どもが問題なく生まれてくるために絶対に必要な診療科です。しかし近年では、産婦人科の医師の絶対数が医師全体の増加とは反対に減少しているという現状です。そのため、産婦人科では医師や看護師の確保のために求人を強く行っております。しかし、その大きな求人とは反対に産婦人科は小児科とともに、割に合わないやリスクの高い診療科であると敬遠されがちな診療科とされてしまっている現状となっております。産婦人科の求人において敬遠される最大の原因は一年中24時間体制でいなければならないということです。分娩はいつ始まるのか正確には予想のつかないものです。予定よりも遅れて真夜中に始まる場合もいれば、予定より数日も早く始まる場合もあります。それに対応するために、いつでも体制を整えてなければならないのです。また、分娩は母子ともに命の危険があるものです。失敗した場合のリスクが高いことも敬遠される理由の一つとして挙げられるでしょう。過酷な勤務条件に高いリスクを抱えている以上、求人に対して医師不足となる現状も仕方ないものなのかもしれません。しかし、考えてみてください。産婦人科の仕事は命の誕生に立ち会うことの出来る貴重な仕事なのです。大変なことは間違いありませんが、そのやりがいもまた大きなものです。医療の進歩で分娩を安全に進めることが出来るようになったとしても、執り行う医師がいなければ意味がありません。大変であるからと避けるようなことをせず、今一度真剣にお考えになってみてください、子どもたちの未来のためにも。

新着情報

おすすめサイト

関連情報